予約専用ダイヤル

03-5361-6855

(平日11:00~18:00 土日11:00~21:00)

オンライン予約・お問い合わせ

新宿三丁目駅徒歩3分

アクセス

婦人科・女性器

デリケートゾーンの見た目や日常ストレスを改善します。

トップ > 施術一覧 > 婦人科・女性器

婦人科・女性器の悩みはデリケートな部分ですが、コンプレックスが改善されると自分に自信が持てるようになります。

パートナーとの関係がよくなったり、プライベートが充実するようになったとのお声をいただきます。

また、婦人科・女性器のトラブルは日常生活で支障がでるケースもあり、手術をすると日々のストレスがなくなります。デリケートな部分だからこそ、患者様の症状やご希望に沿った適切なご案内しています。

「婦人科・女性器」の人気メニュー

「婦人科・女性器」

小陰唇の形やサイズを整える

小陰唇縮小

  • ・小陰唇のコンプレックスを治したい
  • ・傷跡が目立たないようにしたい
  • ・痛みが少なく行いたい

「婦人科・女性器」

切られすぎた小陰唇をつくる

小陰唇再建

  • ・小陰唇のサイズを変更したい
  • ・綺麗な小陰唇になりたい
  • ・排尿トラブルを改善したい

「婦人科・女性器」

切除もしくはレーザーによる

疼痛過敏膣前庭部治療

  • ・性交渉の痛みを改善したい
  • ・手術跡を残したくない
  • ・妊娠出産に影響のない手術

「婦人科・女性器」

デリケートゾーンの色を綺麗に

小陰唇、大陰唇脱色

  • ・小陰唇や大陰唇の黒ずみを改善したい
  • ・デリケートゾーンにコンプレックスがある
  • ・短期間で効果を出したい

「婦人科・女性器」

膣を若返らせる

膣縮小(レーザー法)

  • ・デリケートゾーンの悩みを改善したい
  • ・尿漏れを治したい
  • ・切らない治療をしたい

小陰唇縮小

小陰唇縮小

小陰唇縮小は、傷跡が目立たず短時間の手術でできます。

小陰唇とは、陰部の膨らんだ皮膚のヒダ(大陰唇)の内側にある薄いヒダのことです。小陰唇縮小とは、小陰唇の余分な部分を切除しバランスのいい自然な形に整える手術です。術後の微調整も可能です。

大きい、左右差があるなど全て整形可能です。

小陰唇が大陰唇よりも大きい、左右のサイズのバランスが悪い、黒ずみ気になるなどの悩みに対しても改善できます。また、見た目の問題だけでなく下着にすれて痛かったり、ニオイが気になるなど、日常生活でのストレスがなくなります。

以下のお悩みに適しています

小陰唇縮小を行うと、パートナーとの関係に積極的になれたり、コンプレックス解消に繋がります。また、小陰唇のサイズが大きいと排尿がしにくかったり、汚れが溜まりやすいといったケースがあるため、手術による症状の緩和も期待できます。

症例写真

当院では多数の症例がございますが、デリケートゾーンになるため、パスワード付きで閲覧できるようにしております。パスワードについてはお問い合わせかお電話にてご確認ください。

女性器・婦人科の症例写真

しらゆりの「小陰唇縮小」の特徴

痛みがない・バレにくい施術で

あらゆる形も綺麗に整えます

小陰唇縮小の失敗によって、再建手術を受けられる方がいるくらい、小陰唇縮小は繊細な手術です。しかし、しらゆりビューティークリニックでは、手術前の細かいデザインと確かな技術によって患者様にご満足いただける手術を行っています。なお、小陰唇縮小では、術後に微調整することも可能です。

「傷跡が目立たないようにしたい」「痛みが少なく行いたい」といった点にも十分注意して施術いたします。手術したことを、パートナーに知られたくないという方もいますが、小陰唇縮小の抜糸後は傷跡が目立ちにくくなります。当院では、外側で縫わずに溶ける糸を使用し、傷の中だけを縫う事により、より目立たない傷後にすることが可能です。また、入院の必要もないため周囲の方にバレず、翌日からお仕事も可能です(ただし、術後1ヶ月は性交渉や激しい運動などはお控えください。)。
デリケートな部分なので、痛みを感じやすい人もいます。その為、約3日間持続する麻酔のエクスパレルの併用をお勧めしています。ダウンタイムや痛み、デメリットなど手術のご不安があれば、なんでもお気軽にご相談ください。

料金

施術の流れ

小陰唇縮小は、以下の流れで行います。

1

診察

手術する部分の確認と、手術の適正を判断します。患者様の希望する形やサイズをお伺いし、デザインをしていきます。

2

麻酔

麻酔を行い、麻酔が効いてくるのを待ちます。 麻酔をする際は、少し痛みが伴う場合がありますが、手術中は麻酔が効いているため痛みは感じにくくなります。

3

手術

診察で決めたデザインをもとに、余分な部分を切除します。切開した部分を縫合して終了です。

4

ご帰宅

入院の必要はありません。患部の状態をみて、医師の了解を得たらご帰宅です。

施術時間

施術時間は、約30分~1時間です。患者様の症状や切除する範囲などによって個人差があります。

術後の経過

ダウンタイムは1~2週間程度で、腫れや痛み、むくみが出る場合があります。小陰唇は血液循環が良い部位ですので修復が早く、腫れなどが長期化することはあまりありません。

「小陰唇縮小」の施術を予約する

小陰唇再建

小陰唇再建とは、切られすぎた小陰唇を作成し小陰唇と大陰唇の間の溝をつくる手術です。他院での手術後に当院に来られる方がほとんどになります。

小陰唇再建

再手術とならないよう、自然で綺麗な小陰唇形成をします。

手術は、4mm程度までの再建ならば植皮を行わず小陰唇を再建することが可能です。また、5mm以上の再建の場合は植皮を持ちいた複合的手術になる場合もあります。(詳しくは担当医にご相談ください)全体のサイズ変更や左右差をなくす形成、ギザギザしているラインを整えるなどもできます。

以下のお悩みに適しています。

小陰唇を切りすぎてしまうと、見た目が不自然になり綺麗にするために行った手術が失敗となってしまいます。また、下着にすれて痛くなったり、排尿にトラブルが起きたり、女性器周辺に違和感があったりと日常生活にストレスがかかってしまうデメリットがあるのです。小陰唇再建では、小陰唇のサイズや形の変更が可能です。また、4mm程度までであれば植皮を行わず再建ができるため、より自然で美しい状態に整えられます。

症例写真

当院では多数の症例がございますが、デリケートゾーンになるため、パスワード付きで閲覧できるようにしております。パスワードについてはお問い合わせかお電話にてご確認ください。

女性器・婦人科の症例写真

しらゆりの「小陰唇再建」の特徴

小陰唇縮小手術をされる方が増えるのと同時に、他院での失敗や不満足が原因で小陰唇再建のご相談も増えています。原因はさまざまですが、デリケートな部分である小陰唇を何度も手術するのはできれば避けたいところです。また、クリニックによっては、切られすぎてしまった小陰唇を大きくする再手術を断っているケースがあるようです。

しらゆりビューティークリニックの小陰唇再建では、再手術とならないよう患者様のご希望をしっかりとキャッチし、器官としても支障が出ない形やサイズに小陰唇を整えます。手術前には、ダウンタイムなどのデメリットについてもしっかりと説明し、患者様に不安がないように進めていきます。他院で行った小陰唇縮小の再建も可能です。まずはお悩みをご相談ください。

料金

施術の流れ

小陰唇再建は、以下の流れで行います。

1

診察

手術部分の確認や患者様のご希望をお伺いします。再建する部分のデザインを行います。

2

麻酔

麻酔をする際は、少し痛みが伴う場合がありますが、手術中は麻酔が効いているため痛みは感じにくくなります。

3

手術

診察で決めたデザインをもとに、小陰唇の再建を行います。最後に縫合して終了です。

4

ご帰宅

入院の必要はありません。患部の状態をみて、医師の了解を得たらご帰宅です。

施術時間

施術時間は、約1時間です。患者様の症状や再建範囲などによって個人差があります。

術後の経過

ダウンタイムは1~2週間程度で、腫れや痛み、むくみが出る場合があります。小陰唇は血液循環が良い部位ですので修復が早く、腫れなどが長期化することはあまりありません。

「小陰唇再建」の施術を予約する

疼痛過敏膣前庭部治療

疼痛過敏膣前庭部治療とは、性交渉の痛みを改善する手術です。

疼痛過敏膣前庭部治療

性交痛を改善し、パートナーとの関係を良好にします。

手術は、切除またはレーザーによる治療の方法があります。疼痛過敏膣前庭部の症状は、性交痛や指やタンポンを挿入する際に痛みが出るのが特徴です。婦人科検診の際にも、痛みが出るため苦痛になってしまいます。
疼痛過敏膣前庭部治療を行うと、痛みが緩和されるためパートナーとの関係が良好になり、セックスレス改善も可能です。パートナーにとっても自分にとっても、ストレスなく楽しめるようになります。

以下のお悩みに適しています。

性交渉の痛みは、我慢したまま過ごしてしまう方もいますが、重度になると優しく触られるだけでも痛みが出る場合があります。痛みの原因を正確に判断できれば改善が期待できるため、悩まずに専門機関へ相談しましょう。

症例写真

当院では多数の症例がございますが、デリケートゾーンになるため、パスワード付きで閲覧できるようにしております。パスワードについてはお問い合わせかお電話にてご確認ください。

女性器・婦人科の症例写真

しらゆりの「疼痛過敏膣前庭部治療」の特徴

性交渉の痛みの原因は、心理的要因、強靭処女膜、疼痛過敏処女膜または誘発性膣前庭炎などがあります。特に、強靭処女膜と疼痛過敏処女膜や誘発性膣前庭炎は別物で治療法が異なるため、間違った診断をしてしまうと時間的、経済的にデメリットがあります。

性交渉の痛みがある場合は、原因を明確にし適切な治療を行うことが大切です。しらゆりビューティークリニックでは、他院で処女膜切開術を行ったが性交痛に改善がみられなかった患者様に疼痛過敏膣前庭部治療を行い、痛みが緩和されたケースがあります。患者様の大切な時間と費用を無駄にしないよう、適切な診断と方法で治療を行っていますので、お気軽にご相談ください。

料金

施術の流れ

<p疼痛過敏膣前庭部治療は、以下の流れで行います。

1

診察

手術部分の状態を確認し、適切な診断をします。疼痛過敏膣前庭部だと診断されれば、手術を行います。手術は、切除もしくはレーザーで行います。

2

麻酔

麻酔を行います。麻酔をする際は痛みが出る場合がありますが、手術中は麻酔が効いているため痛みを感じることはほとんどありません。

3

手術

切除する場合は、診察でデザインした範囲を切除し形を整えます。切開した部分を縫合し終了です。レーザーで行う場合は、腟内および外陰部にレーザーを照射し、ふっくら肉厚で柔らかい膣環境へ導きます。

4

ご帰宅

入院の必要はありません。患部の状態をみて、医師の了解を得たらご帰宅です。

施術時間

施術時間は、約1時間です。手術方法や範囲などによって個人差があります。

術後の経過

切除する場合は、1~2週間程度で腫れや痛み、むくみが出る場合があります。レーザーで行う場合は、1週間程度おりものが増える場合がありますので、ナプキンなどの使用をおすすめします。腫れが出ることはあまりありません。

「疼痛過敏膣前庭部治療」の施術を予約する

小陰唇、大陰唇脱色

小陰唇、大陰唇脱色とは、小陰唇や大陰唇の黒ずみを改善する治療です。

小陰唇、大陰唇脱色

3ヶ月1クールを目安に、デリケートゾーンを綺麗な色に変えます。

しらゆりビューティークリニックでは、クリームを使用する方法レーザーの2種類があります。
クリームを使用する方法は、ハイドロキノンやトレチノインなどを用いた漂白治療を行います。経過観察のために、2週間毎の通院が必要です。レーザー治療は、小陰唇や大陰唇などホワイトニングしたい部分にレーザーを照射します。照射してすぐは、粘膜が一皮めくれた状態です。クリームとレーザーによる治療を併用するケースもあります。

以下のお悩みに適しています。

小陰唇、大陰唇脱色をすると、小陰唇や大陰唇の黒ずみが綺麗な肌色に近づきます。また、メスを使わない治療法のため、傷跡がなくパートナーにバレることなく行えます。レーザー治療では1週間程度のダウンタイムで落ち着くのも、人気な理由です。クリームによる治療か、レーザーかは患者様の症状やご希望に合わせて適切な方法を決定します。

症例写真

当院では多数の症例がございますが、デリケートゾーンになるため、パスワード付きで閲覧できるようにしております。パスワードについてはお問い合わせかお電話にてご確認ください。

女性器・婦人科の症例写真

しらゆりの「小陰唇、大陰唇脱色」の特徴

適切な処置かつ短期間で

黒ずみを綺麗な色へ

小陰唇や大陰唇の黒ずみを改善したい方にはおすすめの治療です。しかし、小陰唇や大陰唇はデリケートな部分なので、どの治療法が合うかは人それぞれです。自分に合わない治療法をしてしまうと、炎症による色素沈着を起こし黒ずみが悪化するケースがあります。

しらゆりビューティークリニックでは、初めて脱色をする方はもちろん、他院で治療をしたけど期待する効果が出なかったという方のご相談もお受けしており、経験豊富な医師が施術いたします。また、クリームでの治療もレーザーでの治療も、定期的な診察を行い、状態をみながら進めていくので安心です。

短期間で効果を出したいといったご要望も多いのですが、当院では、3ヶ月を1クールとし治療を行っています。その後3か月は無料でレーザーでのアフターケアが受けられるのも大きな特徴です。1クールしただけでも、綺麗になり黒ずみが改善されるケースが多いです。まずは小さなお悩みでも構いませんので、ぜひご相談ください。

料金

施術の流れ

小陰唇、大陰唇脱色は、以下の流れで行います。

1

診察

患者様のお悩みや治療部分の状態を確認します。お悩みを丁寧にヒアリングしながら適切な治療方法を決定します。

2

治療

レーザーでの治療は、麻酔を行います。麻酔が効いてきたら、脱色部分にレーザーを照射します。1ヶ月毎の通院が必要です。クリームでの治療は、2週間毎に通院が必要です。

4

ご帰宅

患部の状態をみて、医師の了解を得たらご帰宅です。

施術時間

施術時間は、約30分です。患者様の症状や、治療する範囲などによって個人差があります。

術後の経過

クリームでの治療は、肌に合った正しい治療を行えば炎症などが出るケースはありません。レーザーでの治療は、レーザー照射後に少量の出血が2日程度と、1週間程度の痛みや腫れが出るケースがあります。

「小陰唇、大陰唇脱色」の施術を予約する

膣縮小(レーザー法)

膣縮小(レーザー法)とは、レーザーを用いて膣の縮小を行う施術です。

膣縮小(レーザー法)

傷跡が残らずダウンタイムもほとんどない治療方法です。

施術は、膣内にレーザーを照射する方法で行います。膣壁をふっくらとさせて、膣内のトラブル(ゆるみ・乾燥・ニオイ等)を改善する他、膣壁をタイトニングすることで、膀胱(ぼうこう)・尿道の構造も引き締まり、尿もれにも効果があります。
当院では、最新の膣縮小レーザー治療器「アフロディーテ」を使用します。レーザーを当てるのみなので手術跡が残らず、短い施術時間で負担の少ない治療法です。

以下のようなお悩みに適しています。

膣縮小(レーザー法)は、骨盤内膜・骨盤組織の収縮、コラーゲン生成を促し膣を引き締めます。くしゃみをした時に尿が漏れてしまう症状や、デリケートゾーンのコンプレックスの改善が可能です。膣の若返りに、膣縮小(レーザー法)が用いられます。

症例写真

当院では多数の症例がございますが、デリケートゾーンになるため、パスワード付きで閲覧できるようにしております。パスワードについてはお問い合わせかお電話にてご確認ください。

女性器・婦人科の症例写真

しらゆりの「膣縮小(レーザー法)」の特徴

治療は、コラーゲンの再生を促す最新の膣縮小レーザー治療器「アフロディーテ」を使用します。患者様のお悩みに合わせて、3種類のハンドピースを使い分けるのが特徴です。360°照射が可能ものや、レーザーを分割して照射箇所のガイドとなるもの、1箇所にピンポイントでレーザーを照射するものなどがあります。状態に合わせてハンドピースを使い分け、1回の治療でも効果が期待できる、より最適な治療が可能です。

「アフロディーテ」とは?

アフロディーテは、膣・膀胱(ぼうこう)・尿道にアプローチし、「尿もれ」「膣のゆるみ」「におい」を改善するCO2レーザー治療器です。膣内をふっくら若返らせて、自分ではコントロールできないデリケートゾーンを“引き締め”ます。また、アフロディーテには小陰唇・大陰唇の黒ずみを改善し、美白するというモードもございます。色が気になるという方は合わせて行う事が可能です。
メスを使わないので、術後の傷跡の心配もありません。施術時間も5分程度と非常に短く、痛み・術後のダウンタイムもほとんどないので、気軽に受けていただける治療です。加齢や産後の「ゆるみ」でお悩みの方も、是非1度ご相談ください。

特殊なハンドピースを用いて粘膜組織にレーザーを照射し、骨盤内膜・骨盤組織の収縮、コラーゲン生成を促して膣をタイトニング。膣のトラブル(ゆるみ・乾燥・におい等)や尿もれを改善します。お悩みに合ったハンドピースで粘膜組織にレーザーを照射、膣壁をふっくらとさせて、膣内のトラブル(ゆるみ・乾燥・におい等)を改善する他、膣壁をタイトニングすることで、膀胱(ぼうこう)・尿道の構造も引き締まり、尿もれも改善します。

ハンドピースについて


アフロディーテには、お悩みに合わせて使い分ける3種類のハンドピースがあります。膣の内壁360°レーザー照射が可能なVR HP、レーザーを分割して照射箇所のガイドとなるGuide、1箇所にピンポイントでレーザーを照射するSUI HP。患者様のお悩みに合わせて、これらのハンドピースを使い分けます。1回の施術で1ハンドピースを使用します。尿もれ・タイトニング・黒ずみ(脱色)とお悩みの症状によって使用するハンドピースが異なります。

ダウンタイムはほとんどありません。膣内にレーザーを当てる際の痛みはほとんどなく、温かさを感じる程度です。

料金

※各コースは4~6週に1回の施術になります。表記は税込価格です。

施術の流れ

膣縮小(レーザー法)は、以下の流れで行います。

1

診察

患者様のお悩みやご希望、治療部分の確認を行います。

2

レーザー照射

お悩みに合わせて3種類のハンドピースを使い分け、膣内にレーザーを照射します。

3

ご帰宅

患部の状態をみて、医師の了解を得たらご帰宅です。

施術時間

施術時間は、5分程度です。患者様の症状や、レーザー照射の範囲などによって個人差があります。

術後の経過

術後の腫れや痛みなどは、ほとんどありません。1回の治療でも効果はありますが、治療1ヶ月後に2回目の治療をお受けいただくことをおすすめいたします。2~3回の治療で、より効果をご実感いただいているケースが多いようです。

よくある質問

痛みが心配です。どのくらい痛いでしょうか?

ご安心ください。アフロディーテはほとんど痛みがありません。「膣内にレーザーを照射する」と聞くと、痛みを心配される方が多くいらっしゃいますが、痛みはほとんどなく、じんわり温かさを感じる程度です。メスを使用せず、切ったり縫ったりすることのない治療ですので、術後のダウンタイムもほとんどありません。治療時間も5分程度ですので、気軽に受けていただけます。是非1度ご相談ください。

何回治療すれば効果が感じられますか?

1回の治療でも効果はありますが、治療1ヵ月後に2回目の治療をお受けいただくことをおすすめいたします。 2~3回の治療で、より効果をご実感いただいているケースが多いようです。

「膣縮小(レーザー法)」の施術を予約する

その他

デリケートゾーンの黒ずみ改善

Pink Intimate System(ピンクインティメイト)

デリケートゾーンをワントーン明るくしたい方へ、黒ずみ改善(コウジ酸)や、リフトアップ・ピーリング効果(クロロ酢酸)が期待できる治療です。恥丘、大陰唇、肛門周辺、鼠径部、バストトップ、ワキなどにお使いいただけます。

デリケートゾーンのにおい改善

デリケートゾーンの「におい」の原因は、膣内(おりもの・分泌物)のにおいの場合と膣外(すそわきが(体表))の場合とで治療が異なります。

においの原因が膣内の場合はアフロディーテを用いたラジオ波治療で膣内の状態を改善する治療と、陰部異臭治療(投薬治療、細菌叢(フローラ)を善玉菌に改善)のご用意がございます。※アフロディーテと投薬治療の併用も可

膣外のにおい(すそわきが)の治療法としては、大陰唇部のアポクリン汗腺を除去する剪除法(外科処置)、大陰唇部のアポクリン汗腺をレーザーにて蒸散除去するアキュスカルプレイザー治療、大陰唇部のアポクリン汗腺をベイザーを用いて超音波にて分解破壊除去するベイザー治療がございます。

においの原因が膣内(おりもの・分泌物のにおい)かすそわきが(体表)かお悩みの方は医師にご相談ください。

デリケートゾーンにおい治療費用