予約専用ダイヤル

03-5361-6855

(平日11:00~18:00 土日11:00~21:00)

オンライン予約・お問い合わせ

新宿三丁目駅徒歩3分

アクセス

脂肪吸引・脂肪移植(体)

ダイエットでも落ちない余分な脂肪をなくします

トップ > 施術一覧 > 脂肪吸引・脂肪移植(体)

体型の悩みは男女ともにあり、食事制限や運動などでダイエットをしても効果が出ない方が多くいます。また、さまざまなサプリや機械を試したけど激的な変化がなかったという方も、脂肪吸引・脂肪移植の手術を受けると理想のスタイルになれます。

当院の特徴としては、へそ・肘・外陰部の割れ目など傷が目立ちにくいところより脂肪吸引をします。吸引の希望箇所によっては、鼠経部やワキなどから吸引をしますが、基本的に目立たない部分で行いそれ以外の場合は患者様と相談しながら行っていきます。

脂肪吸引・脂肪移植は、身体全体のバランスを考慮したメリハリボディが叶います。スタイルが整うと、お洒落が楽しめたりプライベートが充実したりと生活に変化が生まれます。スリムで美しい、新しい自分に出会いましょう。

「脂肪吸引・脂肪移植(体)」の人気メニュー

腕・肩の脂肪吸引

腕・肩の脂肪吸引とは、二の腕や肩回りなどの余分な脂肪を吸引し腕を細くする手術です。

目立たない傷跡でダウンタイムも短いです

手術は、肘周辺や肩などを数mm切開し脂肪層に細い管を入れ、脂肪を吸引する方法で行います。二の腕は、身体の中でも特に痩せにくい部位であり、筋トレや美容機器を使用しても思うような効果が出るまでに時間がかかります。
また、肩回りに脂肪がついているとガタイがよく見えてしまうのです。腕・肩回りがスリムになると、Tシャツから出る腕を気にしなくてよくなったり、ノンスリーブの洋服を綺麗に着られたりします。

以下のようなお悩みに適しています

二の腕の脂肪吸引は、お腹や太ももと比較するとダウンタイムが短い部位なので、身体の脂肪吸引を腕・肩から始める方もいます。腕は人目に触れやすい部位だからこそ、悩んでいる方が多くいます。脂肪吸引をすると腕を閉じた時のぼってとした感じがなくなり、綺麗なラインがつくれるのでおススメです。

症例写真

Before

After

【施術名】二の腕脂肪吸引


【施術内容】
腕を細くしたいとのご希望で二の腕脂肪吸引術をお受けになられた患者さまです。写真は術後4ヶ月再診時です。脂肪吸引の完成は約半年後になります。

【リスク・副作用】
感染、疼痛、血腫、出血、内出血、瘢痕(創跡)、色素沈着、予定形態との差、微妙な左右不対称、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れ

【料金】
242,000円(税込)〜

症例写真の院長ブログはこちら→

しらゆりの「腕・肩の脂肪吸引」の特徴

腕・肩の脂肪吸引は、脂肪吸引する部分が不適切だと、形が不自然になったり余計にたるみが目立つといったデメリットがあります。しかし、しらゆりビューティークリニックでは、細かくデザインを行い美しくみえるラインに沿って脂肪吸引をしますのでご安心ください。

また、腕・肩の脂肪吸引は、肘のシワなどにつくり最小限の傷跡で目立たないよう手術可能です。

腕や肩がスッキリすると、顔周りのラインも綺麗になります。華奢なネックレスが可愛くつけられたり、小顔にみえたりといった効果も期待できるのです。

料金

施術の流れ

腕・肩の脂肪吸引は、以下の流れで行います。

1

診察

手術する部分の状態確認や、患者様のご希望をお伺いします。脂肪吸引する箇所に、マーキングをします。全体のバランスを考慮したデザインが可能です。

2

麻酔

静脈麻酔か全身麻酔で行います。吸引の範囲が広い場合は全身麻酔を推奨しています。手術中は麻酔が効いているため痛みの心配はありません。

3

脂肪吸引

肘周辺や肩などを数mm切開し、脂肪層に細い管を入れます。脂肪を吸引し、最後に切開した部分を縫合して終了です。

4

ご帰宅

入院は必要ありません。患部の状態をみて、問題がなければご帰宅です。

施術時間

施術時間は、約1時間です。患者様の症状や、吸引する範囲などによって個人差があります。

 

術後の経過

ダウンタイムの痛みは1週間程度で、腫れや内出血は1~2週間程度が目安です。腫れは1-2か月かかります。1週間~10日にかけてむくみや腫れが強くなりその後ゆっくりと引いていきます。引きつるような感じは約3か月は続きます。術後48時間は包帯による圧迫が必要で、約2か月間は8時間以上/日の圧迫装具の着用をお勧めしています。食事制限がなかったり、手術後からシャワーが可能だったりと日常生活の制限はほとんどありません。

「腕・肩の脂肪吸引」を予約する

お腹の脂肪吸引

お腹の脂肪吸引とは、お腹周りの余分な脂肪を吸引し細くする手術です。

細いラインやセクシーなラインなど、患者様の理想のスタイルを作り上げます。

手術は、おへそやお尻の割れ目近く、鼠径部などを数mm切開し、脂肪層に細い管を入れ、脂肪を吸引する方法で行います。切開する傷は目立ちにくい部分につくるため、周囲の方にバレずに手術が可能です。
また、ダウンタイムを終え数ヶ月経つと他の人からは分からないくらいに傷跡が目立ちにくくなります。

以下のようなお悩みに適しています。

お腹周りは、加齢や出産などによってたるみやすく、ダイエットをしてもなかなか効果が出にくい部分です。脂肪吸引をすると、物理的に脂肪がなくなるため激的に分かりやすくラインが変わります。

お腹周りがスッキリすると、水着姿に自信が持てるようになったり、人目が気になるお風呂なども楽しめるようになります。

症例写真

Before

After

【施術名】腹部脂肪吸引


【施術内容】
腹部脂肪吸引をお受けになられた患者さまです。写真は術後約2か月再診時です。虫垂炎の術後の癒着と思われる外科手術痕の皮下癒着を解除しています。 圧迫をしっかり頑張っていらっしゃるのがガードル痕よりわかります。脂肪吸引の完成は約半年後になります。

【リスク・副作用】
感染、疼痛、血腫、出血、内出血、瘢痕(創跡)、色素沈着、予定形態との差、微妙な左右不対称、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れ

【料金】
253,000円(税込)〜

症例写真の院長ブログはこちら→

しらゆりの「お腹の脂肪吸引」の特徴

お腹周りの脂肪吸引は、脂肪を残すべきところと取るべきところをしっかり計算しなければ、美しいラインはつくれません。また、お腹周りの脂肪は姿勢や年齢などによって脂肪のつき方が異なるため、患者様に合わせた細かいデザインが必要です。

しらゆりビューティクリニックでは、手術前に患者様のご希望をお伺いした上で、細かくデザインを行い理想の形を作り上げていきます。仕上がりに関しても、細くて華奢なラインや海外セレブのようなセクシーなラインなど、ご希望に合わせた形成が可能です。

身体全体のバランスを考慮しながら、美しいスタイルを作り上げていきます。ダウンタイムやデメリットなど、ご不安があれば、お気軽にご相談ください。

料金

施術の流れ

お腹の脂肪吸引は、以下の流れで行います。

1

診察

手術する部分の状態確認や、患者様のご希望をお伺いします。脂肪吸引する箇所に、マーキングをします。全体のバランスを考慮したデザインが可能です。

2

麻酔

静脈麻酔か全身麻酔で行います。吸引の範囲が広い場合は全身麻酔を推奨しています。手術中は麻酔が効いているため痛みの心配はありません。

3

脂肪吸引

おへそやお尻の割れ目近く、鼠径部などを数mm切開し、脂肪層に細い管を入れます。脂肪を吸引し、最後に切開した部分を縫合して終了です。

4

ご帰宅

入院は必要ありません。患部の状態をみて、問題がなければご帰宅です。

施術時間

施術時間は、約1時間です。患者様の症状や、脂肪吸引する範囲などによって個人差があります。

術後の経過

ダウンタイムは、筋肉痛のような痛みが約1週間、内出血やむくみが約2週間ほどです。腫れは1-2か月かかります。1週間~10日にかけてむくみや腫れが強くなりその後ゆっくりと引いていきます。引きつるような感じは約3か月は続きます。術後48時間は包帯による圧迫が必要で、約2か月間は8時間以上/日の圧迫装具の着用をお勧めしています。日常生活への影響はほとんどなく、お仕事復帰も翌日からしていただけるケースが多いです。

「お腹の脂肪吸引」を予約する

太ももの脂肪吸引

太ももの脂肪吸引とは、太ももの余分な脂肪を吸引し細くする手術です。

前、後ろ、横、どこからみても美しいラインの太ももを作り上げます。

手術は、鼠径部や臀部と太ももの境目のシワなどを数mm切開し、脂肪層に細い管を入れ、脂肪を吸引する方法で行います。太ももは、内側、外側、前側、後側の4つの部位に分かれていますが、どの部位からどのくらい脂肪吸引するかによって太もものラインが変わります。
また、お尻の下の部分を吸引するとお尻が垂れ下がってしまうため、綺麗なラインにはなりません。太ももの脂肪吸引は、なくす部分と残す部分の見極めが大切です。

以下のようなお悩みに適しています。

太ももの脂肪吸引をおこなうと、太ももに隙間ができ美しい脚のライン形成が可能です。また、お尻と太ももの境目ができるため、脚がスラっと長くみえます。太ももが細くなると、ミニスカートやショートパンツ姿が綺麗になり、お洒落が楽しめるようになります。

症例写真

Before

After

【施術名】太もも全周、ふくらはぎ脂肪吸引


【施術内容】
太ももを細くしたい、ふくらはぎを細くしたいとの希望で来院された患者さまです。太もも全周、ふくらはぎ脂肪吸引をお受けになり、スッキリとした細い脚になられております。写真は、術後約半年再診時になります。

【リスク・副作用】
感染,疼痛,血腫,出血,内出血,瘢痕(創跡),色素沈着,予定形態との差,微妙な左右不対称,知覚障害,凸凹,たるみ,引き攣れ

【料金】
SBM合計価格:¥691,800

症例写真の院長ブログはこちら→

Before

After

【施術名】ウエスト脂肪吸引、 殿部脂肪吸引、 太もも全周脂肪吸引


【施術内容】
ウエスト脂肪吸引、殿部脂肪吸引、太もも全周脂肪吸引をお受けになられた患者さんです。 女性らしいラインを整えたい、ウエストや太ももを細くしたい、おしりを丸い形にしたいといったご要望に沿って慎重に施術を行いました。ウエストもキュッとしまり、四角いお尻も女性らしく丸くなり、脚もスラッとなりました。

【リスク・副作用】
感染、疼痛、血腫、出血、内出血、瘢痕(創跡)、色素沈着、予定形態との差、微妙な左右不対称、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れ

【料金】
SBM合計価格:¥761,800

症例写真の院長ブログはこちら→

しらゆりの「太ももの脂肪吸引」の特徴

太ももの脂肪吸引で綺麗なラインをつくるためには、丁寧なデザインや細かな技術が必要です。ただ細くすればいいというわけではなく、残すべき部分の脂肪を取りすぎてしまうと、不自然にみえたり綺麗なラインはつくれません。

しらゆりビューティークリニックでは、なくす部分と残す部分をしっかり見極めながら、患者様のご希望をしっかりとキャッチしたうえで、より美しくみえる太ももを作り上げます。

運動などでダイエットをすればある程度むくみ解消に繋がりますが、太もものみをピンポイントで痩せようと思うと難しいことです。しかし、脂肪吸引であれば太ももをピンポイントで細くでき、胸やお尻などの痩せたくない部分が同時に痩せてしまう心配がありません。

料金

 

施術の流れ

太ももの脂肪吸引は、以下の流れで行います。

1

カウンセリング

手術する部分の状態確認や、患者様のご希望をお伺いします。脂肪吸引する箇所に、マーキングをします。全体のバランスを考慮したデザインが可能です。

2

麻酔

静脈麻酔か全身麻酔で行います。吸引の範囲が広い場合は全身麻酔を推奨しています。手術中は麻酔が効いているため痛みの心配はありません。

3

脂肪吸引

鼠径部や臀部と太ももの境目のシワなどを数mm切開し、脂肪層に細い管を入れます。脂肪を吸引し、最後に切開した部分を縫合して終了です。

4

ご帰宅

入院は必要ありません。患部の状態をみて、問題がなければご帰宅です。

施術時間

施術時間は、約3時間です。患者様の症状や吸引する範囲によって個人差があります。

術後の経過

ダウンタイムは、痛みが約1週間、内出血やむくみが約2週間ほどです。腫れは1-2か月かかります。1週間~10日にかけてむくみや腫れが強くなりその後ゆっくりと引いていきます。引きつるような感じは約3か月は続きます。術後48時間は包帯による圧迫が必要で、約2か月間は8時間以上/日の圧迫装具の着用をお勧めしています。

「太ももの脂肪吸引」を予約する

全身の脂肪吸引と脂肪移植

全身の脂肪吸引と脂肪移植とは、希望する部分の余分な脂肪を吸引、もしくは移植し全身のスタイルアップをする手術です。

脂肪吸引は、必要箇所を数mm切開し、脂肪層に細い管を入れ、脂肪を吸引する手術です。
脂肪移植は、ご希望の部位から採取したご自身の脂肪を、別の部位に注入します。
身体全体のバランスを整え、ボリュームが欲しい部分と細くしたい部分のメリハリをつくります。

以下のようなお悩みに適しています。

全身の脂肪吸引と脂肪移植を行うと、胸やお尻などボリュームが欲しい部分は脂肪を増やし、脚やお腹、腕など細くなりたい部分はスリムになるため、グラマラスなボディになります。また、ボリュームの量を調節できるため、全身細くなりたい、海外セレブのようなセクシーなボディになりたいなどご希望に沿って形成します。

症例写真

Before

After

【施術名】全身美的形成術


【施術内容】
ご希望の場所に脂肪移植等を行い全身のバランスを整える脂肪吸引および脂肪移植になります。術後約1年半再診時です。

【リスク・副作用】
感染、疼痛、血腫、出血、内出血、瘢痕(創跡)、色素沈着、予定形態との差、微妙な左右不対称、知覚障害、凸凹、たるみ、引き攣れ

【料金】
1,650,000円(税込)〜

症例写真の院長ブログはこちら→

しらゆりの「全身の脂肪吸引と脂肪移植」の特徴

全身の脂肪吸引や脂肪移植は、頭から足までのバランスを考慮して行います。トータルでみたときの美しさは、1mm単位での調節が必要であり、高度な技術が必要です。

全体のバランスや各部位の調節を丁寧にデザインしないと、不自然なラインになったり、ゆがんでしまうことがあるため、特に慎重にコミュニケーションもとりながら施術をしていきます。しらゆりビューティークリニックでは、経験豊富な医師が手術を担当し、患者様との完成形のギャップがないよう心がけております。

どんな細かいご希望も、お伝えください。

料金

施術の流れ

全身の脂肪吸引と脂肪移植は、以下の流れで行います。

1

診察

手術する部分の状態確認や、患者様のご希望をお伺いします。脂肪吸引や脂肪移植する箇所に、マーキングをします。全体のバランスを考慮したデザインが可能です。

2

麻酔

基本的に全身麻酔です。患者様の強い希望があれば静脈麻酔で行います。手術中は麻酔が効いているため意識がない状態で痛みは感じません。

3

脂肪吸引・脂肪移植

脂肪吸引の場合は、必要箇所を数mm切開し、脂肪層に細い管を入れ脂肪を吸引します。脂肪移植の場合は、ご希望の部位から脂肪を採取します。採取した脂肪を、移植する部分に注射針で注入します。

4

ご帰宅

入院は必要ありません。患部の状態をみて、問題がなければご帰宅です。

施術時間

施術時間は3時間~と、脂肪吸引・移植する範囲によって個人差あります。

術後の経過

経過観察のため術後数回の通院があります。ダウンタイムの痛みは1週間程度が目安です。また、患部の内出血は2~3週間程度、腫れは1-2か月かかります。1週間~10日にかけてむくみや腫れが強くなりその後ゆっくりと引いていきます。引きつるような感じは約3か月は続きます。術後48時間は包帯による圧迫が必要で、約2か月間は8時間以上/日の圧迫装具の着用をお勧めしています。徐々に引いてくるので安心しましょう。

「全身の脂肪吸引と脂肪移植」を予約する